島崎ギターサロン動画ブログ

島崎陶人ギターサロンホームページ動画を文字化したブログ 20180217開設


https://youtu.be/TVOU_TxwLk0
2018/05/31 に公開
2声は二人の共同作業。同じ動きではない。
全く違う動きで1つの仕事をします。


https://youtu.be/6ZNBniI0sL4
2018/05/31 に公開
スラーには3つのバターンがあります。
3つあるのですから、その3つを使って弾きましょう。

〈1〉

https://youtu.be/pVtn1WwlMY8
2018/05/25 に公開
3連符のところ、右手の人差指の使い方


〈2〉

https://youtu.be/1w7moVkoqx4
2018/05/25 に公開
先程の映像でわかった方はそれでいいですがたぶんやっぱりわからないと思います、あれだけゆっくりやっても
右手の人差し指に注目してください
iの指が今3弦に当たっています、その間にトリルをしてこの当たっている3弦をそのまま弾きます
もう1度やります
これが親指で行こうと思うともう1度信号を出さなければいけない
人差し指がその前に準備していますから信号を出さずに出来ます
これが音楽の流れを作るということの具体的な右手の例です

プラテーロ

https://youtu.be/37nBFgqQ2QI
2018/04/08 に公開


きちがい

https://youtu.be/AWKrmCaZJgo
2018/04/08 に公開


夕べの鐘

https://youtu.be/OVrRLw5mwZc
2018/04/08 に公開


自作のギターで弾いています。

技の出来る前、その3 ( No.23 )
日時: 2018/03/31 23:14
名前: 陶人
https://www.youtube.com/watch?v=3kWZXS93EQ8

1回目に、お話した2つの方法を見つけると、さらに、そこから2つ道があって、次の段階(3つ目)から技になる。
てな話をしたと思います。
その2つ目の道を解説しました。





技の出来る手前、その3
https://youtu.be/3kWZXS93EQ8
2018/03/31 に公開




いきなりアップでスタートいたします
技が生まれる前という動画ですね、その中で、ストロークの紹介をしまして
ストロークの弾き方に6弦から弾く
それから6弦を5弦に持って行ってから弾く
これが2つ弾き方がある
さらにその中を行くとまた2つに分かれるという話をした、はずなんですね
その2つは何ですかというツッコミが来ると思うんですよ
まだ来てませんけどたぶん来るはずですね
それを今日はやろうかなと解説しようかなと思います
もう復習はしませんので6弦を5弦に持って行ってから、ここから弾くということを2つ方法がやっぱりあるんですね
それは1つ目は6弦が5弦に引っ付いてますので指先は6弦だけを感じています
5弦に引っ付いたのは弦が引っ付いたので指が引っ付いたわけではありません
もう1つ、同じ6弦を5弦に持って行くんですが6弦を押し込みますと
ここで、これ押し込んだ状態なのですが6弦はこれ5弦に引っ付いてません
ただし指先は、親指の指先は6弦の反発は感じていますがここで5弦に触れたことを感じているんです
だから指が6弦と5弦を感じています
ここからストロークをすると最も自然なストロークが出ます
もう1回やりますと6弦を5弦に引っ付けます指先は6弦しか感じていません
ここから始めると破壊的なストロークが生まれます
6弦から弾きますと穏やかなストロークが生まれます
6弦からやると穏やかな穏やかなのが生まれるんですがじゃあその2つの方法はと言うとこれは速度なんですね
要するに6弦から、そっけないのが出ます
少しゆっくりすると穏やかなのが出ます
引っ付けちゃうと爆発します
6弦を5弦の下に潜らせて指先に2本弦を感じたときに最も穏やかなというか何か良い感じのストロークが出ます
これが2つの方法が発見してそのそれぞれにまた2つ、4種類が出来たわけです
ここをもう少し深く行くと次、技が生まれてくるんです
それに関しては言わなくてもすでに49の技という所に紹介してあります
そちらを観て頂ければいいかなと思います
技の出来るまでのお話でした。

↑このページのトップヘ