Guitar BBS mirror and more.

島崎陶人ギターサロンホームページコンテンツから転写しております。20180217開設

https://youtu.be/eHELt7BI23w
2010/05/29 に公開



49の技、2番目は不滅の三度
これも私が命名したんですけども3度進行するときにですね
上の部分を非常にきらびやかな音で
そして下の音をソフトな柔らかい音で弾こうという
そういう技でございます。
こんな感じで使います

ノルテーニャのクレスポ冒頭を演奏
クレスポ:ノルテーニャ1(新)クレスポ:ノルテーニャ2(新)

これを上の部分だけ取り出しますと非常にきつい音で
下の音は優しい音がします
この2つの音が同時に進行します

これは応用が非常に広くて
3度進行があったら全部これにしたらいいんじゃないかと思うぐらい響きが綺麗です

それじゃ普通はどうするかというと
どちらも同じ種類の音
仮にやわらかい音ですと

これはどちらもソフトな音
どちらもきつくなりますと喧嘩みたいになりますけどもね
怒ってるみたいに聴こえます
私はあまりこれは使っておりません

楽器といいますかオーケストラでいいましたら
上を金管楽器、下を木管楽器で弾く、みたいな感じですね
そういうイメージで演奏しております。
不滅の三度でございました。

https://youtu.be/Tfw_zioZVm0
2010/05/29 に公開



それでは49の技
その1はですね劇的消音、と私が名付けました
ギターを弾くにあたりましてはですね
弾くことと消音、音を消すことというのは同時に学ばねばならないんですが
これは出した音を瞬時に消してしまうという技です

一例を挙げますとB7というコードがあります
このコードを普通に弾いて
ま、これは楽譜にはこう書いてあるんですが
これを劇的消音というのを使いますとこんなふうになります

弾いた音で旋律の部分、一番上の音だけ残しまして
他の音を一瞬で消してしまいます
そのあとグリッサンドをかけて

すると上のFの#の音なんですが
弾かなくても相手に聴こえさすことができます

これを普通に
では聴こえないんですね
理由がありましてその音に聴き手を集中させることができていないからです

消すことでレの#に聴き手を集中させるわけですね
舞台装置で言いますと全体が明るい所が一瞬にして周りが暗くなって
主役の部分にスポットライトが当たる
そんな感じに近いと思います

ではソルのワルツ
これがどんなふうにして出て来るか鑑賞してください。

演奏
ソル・ワルツ9ソル・ワルツ10
演奏修了
一旦終わります

動画添付英文テキスト
WAZA-1. Dramtic turning off a sound.
・One technique for turning off a sound.
We should learn both playing and turning off a sound at the same time.
・Turning off a sound quickly .After that, play by glissande.
Leave the top of the sound and turning off another.
・We make a listener concentrate on the sound.
・It is like the spot light on the stage setting.



ソル・ワルツ1

ソル・ワルツ2

ソル・ワルツ3

ソル・ワルツ4

ソル・ワルツ5

ソル・ワルツ6

ソル・ワルツ7

ソル・ワルツ8

https://youtu.be/Qb3c1_8pqxQ
2010/05/11 に公開



演奏記録
2009年10月11日 神戸布引ハーブ園 森のホール

マラッツ:スペイン風セレナーデ

マラッツ:スペイン風セレナーデ2

マラッツ:スペイン風セレナーデ3

https://youtu.be/DDEbgH8QfhE
2010/05/11 に公開



演奏記録
2009年10月11日 神戸布引ハーブ園 森のホール

018バッハ・ガボットあんたたち1019バッハ・ガボットあんたたち2

https://youtu.be/2Ifdgg6kBIU
2010/05/09 に公開



では次に横振動で同じことをやってみます。

https://youtu.be/_BtcTqh0ySg
2010/05/08 に公開



それではアストリアスの最初の部分を演奏します。
アストリアス1^^kei


https://youtu.be/rxg7duAUyTo
2010/05/08 に公開



それでは具体的にどうやって弾くのかということをですね
親指それから他の3本これについてですね
3種類の方法を実践でお目にかけようと思います。

親指、見えると思いますが
3つ弾き方があります
まず、ブリッジよりからサウンドホールよりにぐいっと押し込みながら弾く
こういう動きです

もうひとつはこのまま直に真下に弾きます

最後は、これは難しいかもわからないんですが
弦を押し込んで
これを上に向かって離す

もう一度やってみます
押し込むほうです
手首がぐいっとねじり込みます

このまま、今度は真下に押さえ込み、、
親指の力だけです

もうひとつは一旦押し込んだ弦をすばやく離すという方法です

同じように今度は残るima、代表でiの指でしてみようと思います
同じように今度は弦を切るような感覚で斜めの、斜め下、腕がぐいっとギターの方に入ります
これが一番代表的な弾き方
続いてできるだけ真下に押し込みます
同じ要領でいっぺん弦を押し込んでこれをハジき上げるみたいな感じですね
こういう3つの弾き方が基本的にあります
これらを自分流に工夫して自分のタッチとすればいいんじゃないかと思います。

https://youtu.be/i5K03e4uj34
2010/05/08 に公開


もうひとつ準備をして弾くということにつきましても少しつっこんで解説しておこうと思います。
まず、普通のハ長調のスケールを使って、最初に弾いてみます
この右と左の動きをですね、まず皆さんで見て確認をして、それから解説をしたいと思います。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

普通に見えたと思うんですけれども
ひょっとして皆さんはこういう動きで練習してはいないでしょうか。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

これは同時進行の音楽の作り方です
ドの音を弾くときに準備してドを弾きました
その間は指は何もしていません左はこのままです
そしてレを弾くときにレの準備をしてレを弾きます
この間、指は何もしていません
ミを弾くときにミの準備をして弾きます
一見当たり前のようですが
こうではありません。

ドの音を弾くということは
これはスケールですけども次、レに決まっているんですね
だからドを弾いたあとはもうレの準備がすでに出来上がっています
この間、音はしていません
ひたすら準備のために指は弦の上に停まっています
レを弾くということは次ミに行くと決まっていますので
レを弾いた途端にミの準備をしているんです
次の音の場所で待つ
これが準備をして弾くという意味です。

もう一度見てください

右も左もレの所に行って待っています
レを弾くと
ミで待っています

絶えず次の音で待っています
では、このことをですねアストリアスという曲でちょっと確かめてみましょう
アストリアス1^^kei

スタートの音を弾きます
するとすぐに右も左も
次の伴奏の音に準備が行っています
左手は何も押さえませんので実はこの間に空中を散歩するんですけども
便宜上、今、次の音の上で指は待ち構えています
そして開放弦、伴奏のシを弾きますと
次の音の準備を親指、右手親指左手薬指がします
これを弾くと次の伴奏の音を順便をしています。

では

という動きで
少し速く弾いてみます

これが曲をゆっくりと弾くという意味です
でも
もしかしたら皆さんはゆっくり弾くというのをこういうふうに思っているのではないでしょうか

これは声に出して言いますと
おーはーよーおー
と、ゆっくり喋っているようなものです
ゆっくり喋るというのは実は
おはよう ございます と喋るのがゆっくり喋るです。

曲はおはようございますの発音の
お は よ う
というのをゆっくりと練習すること
これが音楽ではまず、最初に誰もがやる練習なんですね
やがてそれができたら
おはようという1つのフレーズをそのままテンポを落とさずに練習します

そのフレーズとフレーズの間をゆっくりあける
これが実際にはゆっくり演奏するという意味なんですね
それらは実際に準備がしっかり出来るようになったら
すぐに理解できるようになります。

それではもう1つ実際の曲を演奏しますのでその準備の状態をですね
目で一度確かめてください。

パーセルのメヌエットを演奏
パーセル:メヌエット

1時間目終了です。


基礎連右手1基礎連右手2
基礎連右手3基礎連右手4
基礎連右手5基礎連右手図

基礎連左1

基礎連左2

基礎連左3

https://youtu.be/VXujN-BXshI
2009/10/16 に公開




演奏と楽しくなる手書き楽譜:島崎陶人
1枚目の自主制作CDより
録音 : 2009年5月26日
使用楽器 自作
場所 リードマン北野


ガボット1

ガボット2

ガボット3

ガボット4

ガボット5

ガボット6

ガボット7

ガボット8

ガボット9

ガボット10

ガボット11

ガボット12

ガボット13

ガボット14

ガボット15

ガボット16

ガボット17

ガボット18

ガボット19

ガボット20

https://youtu.be/ZIxBMCIZPw8
2009/10/07 に公開




演奏と楽しくなる手書き楽譜:島崎陶人
2枚目の自主制作CDより
録音 : 2009年9月29日
使用楽器 自作
場所 リードマン北野


フーガ^^
フーガ^^お茶もぐら
フーガ・絵
フーガ000
フーガ000'
フーガ001
フーガ002
フーガ003
フーガ004
フーガ005
フーガ006
フーガ007
フーガ008
フーガ009
フーガ010
フーガ011
フーガ012
フーガ013
フーガ014
フーガ014old
フーガ015
フーガ015old
フーガ016
フーガ017
フーガ018
フーガ019
フーガ020
フーガ021
フーガ022
フーガ023
フーガ024
フーガ025
フーガ026
フーガ027
フーガ028
フーガ029
フーガ030
フーガ031
フーガ032
フーガ033
フーガ表紙
笛吹きフーガ

↑このページのトップヘ