島崎ギターサロン動画集

島崎陶人ギターサロンホームページコンテンツから転写しております。20180217開設

2011年09月

https://youtu.be/6Vi948LKesU
2011/09/22 に公開



49の技、6番目はガイドフィンガーといいます。
指がガイドをする
5番目でのコストの練習曲・・
コスト:練習曲@@@^^

この中指が2弦の10フレットを押さえています
1弦の開放弦を弾く間にこの中指が弦の上をすべってローポジションAコード・・

また開放弦を弾いてる間にこの中指がすべって・・弾きます
弦の上をすべって移動することを私がガイドフィンガーと名付けました

これは応用が多過ぎてキリがないです
実践、表では4本の指があってそれのどれかが移動する
全部の指が忙しく動いてるときは後ろで親指がガイドしています
どれかの指が必ずガイドしながら移動する
ギターの原則的な弾き方です

応用としてこんな曲があります
アグアドの練習曲から・・
アグアド:練習曲@@@^^

小指が残って、これが移動してそこに・・
この小指がずーっと移動して4フレット、そこへ・・
この小指が移動してそこへ・・
小指は同じ弦の上で引っ付いたまま移動して他の指を連れて行く役目を果たしています

アルハンブラの思い出
スタート・・このときに今空中に浮いている中指が密かに2弦に降りましてこの指がガイドして下がって行きます
ここで・・
今度は薬指がガイドして下がって・・
またこの薬指がガイドして上がってここへ中指・・到着して・・
今度は2の指と3の指がよいしょと二人でガイドして上がった所に小指が・・入って来る・・
スタートのときは薬指がガイドして下がっても構わないです、理屈は同じです
トレモロに焦点を当てると中指がガイドしていることになります
どちらでもOKです
上がって行くときも2つが・・
中指がガイドして上がって・・
同じようにガイドして下がって来る・・
アルハンブラの思い出1

アルハンブラの思い出2

アルハンブラの思い出3

ギターの曲では無限に存在しています
これをちゃんと意識して使えるようになると音楽がスムーズになるということです
ガイドフィンガーでございます。

https://youtu.be/eS3ZmJx8jeY
2011/09/22 に公開



49の技、7番目、指の整体運動と私は名付けております
右手のタッチ、左手の押さえ方、基本的な考え方です

指を動かしてこうやって弾く場合は指の先だけが動いて他は動いていません
これは体に不自然です

一番最初に解説したように
何かが動く、人差し指がちょっと動く、これも全身が動くと捉える方が体としては自然です

左手の動き
1の指が1弦で小指が6弦にいます
これを入れ替える運動
人差し指が6弦、小指が1弦に来るというときに
指で解決しますとこれが こう 動きます
これはここだけの話になります

ところがこのことを指に負担させず腕全体に担当させると こう すれば同じになります
こうやって動けば同じ
そうするとこういう動きをここだけでするのではなく実は体は楽しい動きに変わって来る
同じことを指だけでやると苦痛の何者でもありません
一生懸命これを練習する人は自ら苦痛を買って出ている

こういう運動に変えようとすれば体がニコニコなってくる
そうすれば顔も体もニコニコ動くようになってくる
これが整体、体全体を整える、音楽に参加させることになります

右手も同じように腕で弾けば・・
こういう動きですからやっぱり体全体は楽しい動きに変わって来るのです
同じことをこれだけで済ませるとなんかうじうじした動きに変わります

ほんの僅かななんでもない動きを体全体の動きとして捉えて行くと音楽の見方聴き方が随分変わりますというヒントになります

基礎の所でも話しましたようにギターは斜めに構えて普通に腕を上げればメジャー7というコードが出来る
そう作られています
この性質を理解してギターと取り組めば楽しいことばかりが待っている、
こういうわけでございます
以上、7つお話をしました。

https://youtu.be/eQ8EGKTL8PU
2011/09/21 に公開



49の技、5番目、開放弦の指揮者と名付けてます
ギターを持ったら開放弦をまず弾きます
そのときに右手に集中して弾きますが少し余裕が出ると右手が弾いてるときに左手は何もしていない、所在無くぼーっとしている
せっかくだから左手にも協力してもらおう
左手で指揮をします
例えばポンと動いたときに・・音を出して・・
あるいは下から出してみよう・・
指揮をしながら弾いてみるのです・・

動かしながら遊んでいきます
これは曲では応用が大きいです
ポジション移動などに開放弦はよく使われます
例えばコストの・・
コスト:練習曲^^

次のこの開放弦を弾くときに左手が移動します
これは次にガイドフィンガーという6番目の技で出て来ます

移動しながら開放弦を弾くときに最短距離を行くのは最も現実的ですが・・
という動きがあっても構わないです

そうすると・・この間が、動きの間が出てきて正当化されます
ただひたすらに最短距離をと思ってしまうと大変です
そうしなくてもいいとなれば曲が自由になっていきます

伴奏のある、1弦が旋律で動いて、2弦が3弦が伴奏・・
この伴奏している間に・・
ラブロマンス音玉楽譜 (1)

左手は一旦ギターから離れても大丈夫です
開放弦を弾いてる間に左手がどんな動きをしているのかコントロール出来れば曲が生きてきます
これは実践でまたお目に掛けようと思います、今は開放弦で左手を動きの中に入れてみよう・・
なんでも結構です、そして遊んでみてください
きっと何かが生まれる筈です。

https://youtu.be/cxmdyN-Jljo
2011/09/07 に公開


それではギターのレッスンということで1時間目でございます

最終的には49の技というお話をするんですけれども
その前にまず
ギターという楽器がどう音が鳴っているのかベイシックなことを言っておきたいと思います

共通の認識がなければ話がちぐはぐになるのでそれをここでしっかり聴いて頂きたいと思います
一番最初は縦振動と横振動
ギターは弦を張ってそれを振動させることでギターに伝わって木がふるえてその楽器独特の音色を醸し出すわけです

そのときに単に弾くだけ、最初はみんなそうなんですけども
だんだん音に興味が出てきて音の性質の違いが判りだしますと
どうやって弾くのがいいのか、具体的には右手のタッチをどうするのがいいのかという問題になってきます
その時、表面板に対して弦を縦に振動させる
振動が始まるとローリング、弦は回るんですけども最初の振動は縦にするのか横にするのかでギターの音色が随分違うことをまず知っておいてほしいです

私は表面板に対して縦に振動するということからギターを始めています
指で普通に弾くと横に振動させます
弦は一旦横の振動からローリングするのですが初期の振動が非常に大切です
通常は皆さん横振動で弾かれています

縦で弾くというのは弦を表面板に向かって押し込んで弾きます
弾き終わった指を見て頂きますと表面板に当たっていることがわかるでしょうか
そこから返ってきます
横振動は横の弦に当てて横に振動します

このときにどちらが良い悪いではなく2種類があることをしっかりと認めてほしいです
縦になんか演奏できないと言ってしまえばそれでおしまい、非常に楽なんですが実際には演奏できます

ギターは開放弦ばかり弾くのではなく押さえて弾きますから
このフレットの近くを押さえるという理由の1つに
横振動させると左手の押弦点が動きます
サドル側も若干ですが動きます、横揺れがします
縦に振動させるのは押弦点に対してブレがないです
まるまる90度で演奏すれば理想なんですが現実は60度70度若干斜めになります
縦に近い振動と横に近い振動では随分と表面板の振動の仕方が変わることを今回はお米を置きましてどう振動してるか目で見て確認してもらいます

それともう1つは弾き方について同じことですが
しっかり準備をして弾くことです
当たり前のことですが準備して弾いてる人を世界で3人ぐらいしか知りません
皆さんヤマ勘で弾かれてます
ちょっと映像で確認してください

・・こうやって弾いてる人が、そういうのばかりお目にかかってます
1弦を弾くときに1弦の少し向こうの方から指が来ましてそこを通過して弾きます

ここで一旦留まって弾きますということはよく聞くんですが
現実を見ますとヤマ勘で弾いてます
指の通過途中にたまたま弦があったという
そうすると・・こんな動きになります

でも本当に準備を完璧にするなら1弦から外に指は行かない筈
親指が6弦から外に行く必要がないです
ちょっと見てください
弾いた後、その弾いた弦に指が戻ればいいのです
1弦を弾く場合、1弦の外に行く必要がありません
こう行った後ここに戻ればいい
同じ要領で親指も弾いた後ここに戻ればいいです
・・こうなる必要がないです
とすると・・という弾き方、よく見る弾き方ですが円運動しています
このとき6弦から外に行って返ってます

そういう動きではなく弾いた所に戻ってくればいいです
・・動きはこれで充分です

指の動きを見ていますと1弦と6弦の間で動く
これが準備をして弾いている1つの証拠になります

以上、縦の振動と準備をして弾くということを会得、認識をして自分でそれを認める
出来ないものは仕方がないので出来ないという処理をしてください
ただ、プロと呼ばれる人は果たしてそれでいいのかと、私の問い掛けになります

楽器で表現するときに楽器の性質をよく知って自分が表現すべきテクニックを磨く
音楽ですから音を磨くことを最初にやらないでとりあえず出た音で勝負するのはこれは如何なものかと思います

準備をして弾く、縦に弾く
そういうことを少し細かく解説をして1時間目を終わります。

↑このページのトップヘ