島崎ギターサロン動画集

島崎陶人ギターサロンホームページコンテンツから転写しております。20180217開設

2017年01月

日時: 2017/01/10 09:20
名前: 陶人
これは最も新しい「メリハリ弾き」の基礎ともいえる。
アルペジオにおける「メリハリ弾き」です。

実際の曲を弾く。ということを考えると、この程度のテクニックは最初に付けるべきだと考えます。
実際に初級時代の帽子鳥さんは軽々とやっていました。


2010/12/20 に公開
ギターテクニック「型その6」アルペジオの速度
https://www.youtube.com/watch?v=fJS3005H4to
ログ投稿 ギター演奏の型6 アルペジオの速度




上記のアルペジオの姉妹アルペジオが次なるドソミソ。
ベースが4つの音になり、その上に①と②の音が順列組み合わせで乗ります。
この型は、ある場面を想像しながら弾くと、楽しくなる。
そういう解説をしています。演奏がちと早すぎて解りづらい。

これも初級レベルで弾けます。この程度はクリアーしないと普通の作品はとても手が出ません。


2010/12/20 に公開
ギターテクニック「型その7」アルペジオの表現
https://www.youtube.com/watch?v=6TAJsHqI-vE
ログ投稿 ギター演奏の型7 アルペジオの表現



ただし、こういう基礎テクニックは教室で教えることはしません。
なぜなら、面倒だからです!
こういうのは「遊び」として興味のある人が勝手にやればいい。
そういうもんです。

日時: 2017/01/10 08:48
名前: 陶人
春までには企画が出ると思いますが、HSPTさんと私の二人で「題名のないギター談議」というコンサートみたいなステージを考えています。

ギターの魅力を伝えるこの企画。
二人で、ギターの素晴らしさを話しながら、演奏しながら、ギターの世界に巻き込んでいきたい。

でまあ、このHPのどこかにある、私の49の「技」を
順に紹介しておこうと、思います。
ランダムに並んでいるので、それに順番を付けただけです。ま、順路! みたいなもんです。

では、

最初は「技」ではなく、ギターの特徴から、

2010/07/10 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=-gVKGB_YfKc
ログ投稿 共鳴





次に、最も大事なテクニック「準備をする」
これも「技」ではなく、共通認識。

2010/05/08 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=i5K03e4uj34
ログ投稿 準備をして弾く(ハ長調)





そして、次は左手(左指)の基本形。
これも「技」ではなく。「左指のための遊び」

2010/08/14 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=Ow1pITc5zXA
ログ投稿 左手の基本の動き

↑このページのトップヘ