https://youtu.be/fJS3005H4to
2010/12/20 に公開


島崎道場でアルペジオの型を勉強しましょう
人が動く
速いと遅いというのが非常に大きな問題になります
強弱も付くのですがそれよりも速い遅いが問題になります

まず左の指の動きを見てください
2つ動きます
ここから向こうへ
それからこっちからこっちへ動きます、やってみます

もう1つはこう動きます

これはドミソの場合はこう行くのは解ると思うのですが
なぜシレソがこっちへ行くのか

そういうイメージを持ってほしいです
直線で進んでいくイメージ

そういう左手の動きが基本にあります
実際の練習でその動きが出て来るか、出て来ません

ただしこの部分だけ練習するときはこういう動きを感じながらやってほしいです

基礎5

ベース、3つ音がありました
ベース3つの動きの上にもう1つ別の音を付けてアルペジオを考えようということでございます

1つ目に付けますとこんな感じです

これだけでは片手落ちで1個目に付けたなら今度は1個目を抜いて2つ目3つ目に付けてみよう
そうすると発想が逆転するのではないかというものです

今度は2つ付けます
それを合わせてみる

聴いてわかるように最初はゆったりした気持ち
ゆっくりの反対は速くになるので次は速く弾いてみます

反対に・・

それらを組み合わせて練習しようということです
2回ずつ弾いたり1回ずつ弾いたりして変化を持たせてみます

では2回ずつです・・

1回ずつですと・・

このゆっくりと速くを合わせて1つの流れを作って行きます


次に2つ目に音を付けると
2つ目 対 1つ目3つ目 になります
これもやはりゆったりと速くになります
では2つ目にアクセントを入れてみます

基礎5

これは聴いてお判りのように2つ目に入れる方が速くなる
組み合わせると・・
な感じになります
それを交代にやると・・な感じになります

今度は3つ目に入れます
最初2つ・・どんな感じになるか・・
それに対して・・

基礎5

どう感じるか、皆さんが演奏しながら是非自分の感じを表現してほしいです
それをはっきりと表現してほしい

・・・

いま・・ちょっと違うことやりましたけど・・あの・・ええ・・シレソシレソ
・・次は・・こうですね・・失礼しました・・
そういう感じで組み合わせます

最後は全部弾く、全部弾かない
想像するとやかましくなりそうですね

基礎5

ぎゃぎゃぎゃ ぎゃぎゃぎゃんっ・・・ぽぽよ ぽぽよ・・・
なんか反省してるみたいですね

びゃびゃびゃ びゃびゃびゃっ・・・ぷにら ぷにら・・・
運動部員が監督にガミガミ怒られてしょんぼりような雰囲気

なんか文句言いたそうですけど・・
そういうイメージ、人間の感情のイメージとか
速い遅いで言いますと流れのイメージ音の流れのイメージ
そういうものを練習の中に極端に取り入れてやって頂けたらと思います。