初級編2(カルリの練習曲)
https://youtu.be/bu_ajzdlrpQ
2015/06/27 に公開




etude010カルリ三つの小品1

カルリのイ長調練習曲2曲目は・・

始めに大五郎くんに家で練習してきたものを弾いて頂きます

・・

OK
今のはコードをバラしたアルペジオという形で弾きました
ミの音とド#が一緒に鳴っている
これを1つずつ・・音を切るという形になのですけどそれでもう1回弾けるかな

・・

そういうこと
今度は伸ばすのとさっきの切ったものと合わせてランダムに弾けるかしら

・・
その次は ・・

切って伸ばしたらその次も切って伸ばして、するとまた次も切って伸ばしてになっていくと思います
それをどこかで狂わせないといけないけれどもアイデアはありますか
今、即興で思い付いた、、

・・
切って・・
全部伸ばして・・
もっと伸ばして・・
切って・・
そうそう、2小節で1個の単位にしても構わない
とにかく切るのと伸ばすのと2つ合わせればいろんなパターンが考えられる

2:30
2段目に行ってみます、ちょっと難しいことやります
今までは1つの音を切ることでよかったけれどもちょっと変な切り方します
その前に家で練習してきたのを聴かせてください

・・

はい、結構です
今までと同じで1個ずつ切っていくので構いませんがちょっと飛躍して・・次の音のときに全部の音をビタッと止めてしまう・・
聴いてる方はびっくりしますが挑戦してください

・・
そうすると切った瞬間に緊張すると思います、聴いてる方もビクッとします
ビクッとして間が・・
ものすごく静かになった間というのは皆が共有している間です

ところが・・というのは何か鳴ってるなと特にその空間を共有している意識は生まれないのです
音をバッと切ると非常に緊張した空間が生まれます
それを1個1個の音にやっていくと自然に緊張したり緩和するのが出てくるけれどもこれは意識的にやってます
もう1回やってみよう

4:21
・・

するとその次は・・
そうそう、穏やかに・・というのが欲しくなってくると思います

切るとちょっと長いのが欲しくなったり
だらっと弾いてると緊張したくなったり
そういう心の動きをそのまま出せばいいと思います


4:54
では3段目、旋律がベースに移ります、弾いてみてください

・・

そうそう、今意識したのかしなかったのか判らなかったけれどベースの音が伸びてたので上を自然に切ってたように感じました

で・・と弾かなかったのは自然に身に付いて来たんですね早いですね、数分で身に付いてしまったという、
ではベースを切ってみたらどうなるでしょう

・・

ね、上も切ってましたけどそれで良いです
切るということが好きになってきたみたいですね良いことです
どんどん音を切って弾くと先にも言った間、共有した間が出来て次何が来るかなって耳を欹ててくれるのです
大変良いと思います
その調子で次の曲も弾いてきてください。

etude010カルリ三つの小品1