島崎ギターサロン動画集

島崎陶人ギターサロンホームページコンテンツから転写しております。20180217開設

カテゴリ:掲示板から転記・動画投稿 > 題名のないギター談議

日時: 2017/01/10 08:48
名前: 陶人
春までには企画が出ると思いますが、HSPTさんと私の二人で「題名のないギター談議」というコンサートみたいなステージを考えています。

ギターの魅力を伝えるこの企画。
二人で、ギターの素晴らしさを話しながら、演奏しながら、ギターの世界に巻き込んでいきたい。

でまあ、このHPのどこかにある、私の49の「技」を
順に紹介しておこうと、思います。
ランダムに並んでいるので、それに順番を付けただけです。ま、順路! みたいなもんです。

では、

最初は「技」ではなく、ギターの特徴から、

2010/07/10 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=-gVKGB_YfKc
ログ投稿 共鳴





次に、最も大事なテクニック「準備をする」
これも「技」ではなく、共通認識。

2010/05/08 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=i5K03e4uj34
ログ投稿 準備をして弾く(ハ長調)





そして、次は左手(左指)の基本形。
これも「技」ではなく。「左指のための遊び」

2010/08/14 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=Ow1pITc5zXA
ログ投稿 左手の基本の動き

日時: 2017/01/10 09:20
名前: 陶人
これは最も新しい「メリハリ弾き」の基礎ともいえる。
アルペジオにおける「メリハリ弾き」です。

実際の曲を弾く。ということを考えると、この程度のテクニックは最初に付けるべきだと考えます。
実際に初級時代の帽子鳥さんは軽々とやっていました。


2010/12/20 に公開
ギターテクニック「型その6」アルペジオの速度
https://www.youtube.com/watch?v=fJS3005H4to
ログ投稿 ギター演奏の型6 アルペジオの速度




上記のアルペジオの姉妹アルペジオが次なるドソミソ。
ベースが4つの音になり、その上に①と②の音が順列組み合わせで乗ります。
この型は、ある場面を想像しながら弾くと、楽しくなる。
そういう解説をしています。演奏がちと早すぎて解りづらい。

これも初級レベルで弾けます。この程度はクリアーしないと普通の作品はとても手が出ません。


2010/12/20 に公開
ギターテクニック「型その7」アルペジオの表現
https://www.youtube.com/watch?v=6TAJsHqI-vE
ログ投稿 ギター演奏の型7 アルペジオの表現



ただし、こういう基礎テクニックは教室で教えることはしません。
なぜなら、面倒だからです!
こういうのは「遊び」として興味のある人が勝手にやればいい。
そういうもんです。

日時: 2017/03/16 22:40
名前: 陶人
ここから始めるのが最も教えやすい!

そう結論付けました。

10日ほど寝てました。
二泊3日の旅に出ました。
帰ってきてから、4日間、何も食べずに寝てました。
       (ほんとうは、少しだけ果物を食べました)

5日目に、おかゆを食べ、6日目に、白いごはん食べました。
そして、今日はカツを食べ、42度のお風呂で、
「コストしかない!」
そう結論付けました。

HSPTさん! チャーリーさん!
ここからギター始めると、どうなるか?

これを4月に全員に試してみます。
楽譜ではなく、タブ譜で、出来れば手移しで。

しかも、メリハリで。

理屈ではありません。
ひらめき!
思い付き。
なんとなく。


2013/05/12 に公開
揺らぎサウンド コストの練習曲
https://www.youtube.com/watch?v=IaIFmIBL3hM

ログ投稿 揺らぎサウンド コストの練習曲

日時: 2017/03/22 15:05
名前: 陶人
右手の親指は反り返っている人と、まっすぐな人とでは弾き方が違います。
それで、この話は避けて通る方が一般的かな、と思っていました。
が、そうもいかなくなった。

つまりは、ここからスタートすると話が一直線に進む。


2010/05/08 に公開
ログ投稿 右手の具体的な弾き方
https://www.youtube.com/watch?v=rxg7duAUyTo

この映像は録画を始めた初期の頃のものです。
私の原点です。
今は、これに「ゆらぎタッチ」と「皮の音」が入っています。
この映像は爪を使うのが前提になっています。

ま、それなりに進化はしていると思いますが、原点は
この映像と、縦振動に横振動です。

先週からフーガさんがこのタッチに挑戦し始めました。
(今頃挑戦かい!)
そうなのです、我が生徒さんたちは、なかなか自分で実践してくれないのです。
だから、頭と身体がなかなか一致しないのです。
先週の土曜日に、初級の方が、この親指のタッチに挑戦し始めました。
親指の動きと実際の音が見事に一致したようです。
初級の方です。
サンスのパバーナで初めて使いました。

HSPTさんは、ひたすらこの親指の音を自分で工夫しています。
そこで、題名のないギター談議になるのです。
ここからだと全ての練習曲に解説不要になるかも・・・・。

日時: 2017/03/24 21:04
名前: 陶人
大袈裟でなく、ここから新しいギター感が始まった。


Noboru Yasuda 安田 登 - TEDxSeeds2010
https://www.youtube.com/watch?v=GaqUZFJWrKk

安田登さんの登場です。

これは、でもギター談議の最後の方で盛り上がる予定です。
HSPTさんも私も、本当はここから始めたい!

しかし、・・・・・・

私としては、どうしても始めたい話題は「インスピレーション」
霊感!

我が家は、ここから全てが始まっている。

私がこの世界に入るきっかけ。
私と加代の出会い。
娘の誕生。(私の母による身代わり)
私の死からの復活。
息子の死からの復活(加代の身代わり)
石川君(友人のギター製作家)のあわや爆発!を救う一言は全く根拠の無い一言。
明石駅での飛び込みを助ける。
三ノ宮駅でのエスカレーターからの転落を助ける。
人生の危機を不可思議な力で避ける。
自分の運命を知る!
ギターにおける数々の霊感!!

みなさんもきっとあるはずです、奇跡とも思える経験。
それを無視せず向き合う!
それだけで、2~3年に一度は必ず起こります、奇跡!

頭で考える、この一見アタリマエのことに疑問を投げかける。
そこから始まる。
私の場合、今やレッスンの度に奇跡が起こっています。
それは、口が勝手にしゃべる!!

これは毎回起こっている事実なのです。

人との出会い!
これこそ奇跡!
そう感じない人に音楽は必要ありません。
芸術とは無関係の方です。

この企画も「思い付き」です。
だから意味がある。
偶然ほど必然はない!
これが私の行き方なのです。

↑このページのトップヘ