島崎ギターサロン動画ブログ

島崎陶人ギターサロンホームページ動画を文字化したブログ 20180217開設

カテゴリ: スマホ撮りレッスン

https://youtu.be/srS2nJyHQiQ
2018/02/02 に公開

ギターの弾き方です。
ガット弦を使っていた時代は、ナイロンのようにツルツルではなかったので、今のようには弾けませんでした。
60年ぐらい前には(たぶん)これが普通の弾き方だったと思います。
爪も長くなかったし、今ほど早く弾くこともなかった。
しかし、この弾き方を使いだして、
「何故?なぜこの弾き方がなくなったのか?」
という疑問が解けません。
みなさんも、古き良き時代のギターサウンドを経験してみませんか?



文字起こしテキスト
それでは具体的な弾き方の説明をします
まず始めに親指を3弦にセットします
セットする場所はだいたいサウンドホールの終わりの方です
この状態で薬指を普通に置きます
これはリラックスした状態なのでここからは音は生まれませんので少し緊張した形にします
それは親指から少し離れた位置に持って行きます
これだけで指が緊張いたします

親指の方に向かってとなりの弦に斜めに移動させながら弾きます
いま当たりました
当たると同時に薬指が2弦におりますが
2弦上をさっとすべって元へ戻ります
やってみます

行くときよりも返るときの方が少し速いぐらいの感じです
行くときはゆっくりでも
返りは速くなります

続いて同じことをやるんですが
弦が変わるとき
つまり1弦の次に2弦を弾くというときは
親指が
この瞬間にとなりの弦にポンと移動します
そして薬指が元の位置に戻ります
ちょっとゆっくりやってみます

という動きです
普通のテンポでやってみます

いま普通にやった動きが
映像から「ああそうしてるな」と
目で見て判るようになるには
自分がやってみないとわかりません
もういっぺんやってみときます、少しゆっくりめにします

という動きです
これらのことを練習して1回2回3回と、4回ですね、それぞれ弦を弾くのを練習してください

これで右手は完成でございます。

https://youtu.be/cSlwDLHmjMs
2018/02/02 に公開

①②③②①と2回づつ弾きます。(最後は3回)
親指の動きに注意して御覧ください。

https://youtu.be/YXYA4g6Kqmc
2018/02/02 に公開

①②③②①と3回づつ弾きます(最後は4回です)

https://youtu.be/8R8aUzkOZB8
2018/02/02 に公開

①②③②①と4回づつ弾きます(最後は5回です)

https://youtu.be/9aTFmKLpvA4
2018/02/02 に公開

①②③②①と1回づつ弾きます。

https://youtu.be/MAhZVYjtFRI
2018/02/03 に公開

音楽にするための練習方法です。
え?!とか、そんなアホな!とか
それは間違いや!などは、この練習を実践してからでいい。
音を切ることが出来れば、伸ばすことなど
簡単!簡単!
しかし、その逆は、つまり、音を伸ばすことから始めると、切ることは至難の技!
では、レッツトライ!



文字起こし
愛のロマンスの音楽にするための最初のレッスンです
押さえる場所それから右手の弾き方をマスターしたということで話を進めて行きます

右手に関しましてはまた別に作りますのでとりあえず勝手に話を進めます
ここでは非常に基本的なことなんですがちょっと見ておいてください
弾きながら説明します
6弦を弾きます
1弦を弾きます、2弦、3弦と弾きます
そのまま1、2、3弦、これが右手の基本の動きです
ここに左手で押さえて行きます
7フレットを薬指で押さえます
で、ベースから弾き始めますが
3弦を弾くときに押さえている指を離します
また押さえて弾きます
3弦を弾くときに離します
同じく
離します
6弦が入ります
離します

5フレット人差し指
離します
3フレットに移動(2の指で押弦)
また離します
しつこいようですがもう少しお付き合いください
6弦から1弦3フレット
3弦を弾くときに中指を離します
2フレット(1の指で押弦)
離します
そのまま、開放弦、離してますのでね

1の指で3フレット押さえます
3弦を弾くとき離して移動
7フレット、3弦を弾くとき離して移動します

12フレット
離します
同じです

10フレットに移動

続いて8フレットをまず小指で弾きます
やっとセーハをします、5フレットに

このときも小指は1度離してまた5弦から
小指離します
薬指で7フレット
薬指離します
そのまま5フレット
押さえ直します
薬指で7フレット
離します
小指
次の3弦を弾くときにもちろん小指も離しますがセーハも出来れば離して3弦だけにしてください、浮かす感じです
あるいは、別の機会に言いますが
3弦を弾かないという方法もあります
ま、一応、こう上げてみてください
そして6弦
全セーハが出来ると仮定して、全セーハ出来ない人は省略してください
全セーハを挑戦している方はこのまま6弦だけを弾きます
そしてセーハを倒して1弦
中指が3弦の8フレット押さえます
ちょっと窮屈ですが薬指が ぐっと 8フレットにもぐり込んで
この時も3弦を弾くときは薬指を離します
また7フレット
小指がぐっと伸びて11フレット6弦入り
次の3弦を弾くとき小指を離します
そしてまた薬指でもぐり込んで8フレット
また離します
そのまま7フレット
次、3弦の音を弾くときセーハを離して中指だけにします、見えますか?
そして7フレット
離して、5フレット
3弦を弾くとき離して
また離します
同じです

B7の形ですね
5弦2フレット3弦2フレット1弦2フレットを押さえます
この時も
最初の練習は指、1回1回離します、3弦を弾くときに離します
小指で3フレット
離します

このとき、3弦にいる中指だけにして
指使い、書いたのは中指としてますが実践は人差し指で4弦2フレットを押さえます
離します
中指で5弦の2フレット、もちろん1の指でも構いません
3弦を弾くときに離します
6弦3フレット
3弦を弾くとき全部離してEマイナーのコードを作って全部弾いて終わりです

先ほど弦を替えたところなので途中で調弦がおかしくなってます、申し訳ありません

3弦を弾くときに1弦押さえてる指を離すという
これが音楽を作る最初の練習方法です
お疲れさまでした。

https://youtu.be/1kPQUFgIRlA
2018/02/03 に公開

型は、目的に向かわない!
自由になるための技であり、型です。
実践してゆくことで、少しづつ身に付きます。
頭だけで判断すると、損しますよ。
メリハリ弾き!です。


文字起こし
ラブロマンスですね、愛のロマンス
これの練習方法その2でございます
これは聴き方によるとお前ふざけてのかというような話なんですが
事実なんですね

格好良く言うとメリハリ弾きです、メリハリのある演奏
実際には
自分の弾き易い所はちょっと速く弾いて弾き難い所は遅く弾くという
自分にとって都合の良い弾き方になります

どういうことかといいますと
同じ音を3回弾くとかになりますと易しいですね
難しいか易しいかというと易しい
練習方法その1の方では1回1回離しましょうと言ったんですが
そういう練習をしたから絶対にしなければならないというものじゃなくて
要は経験をしてほしい
その中で押さえてる方が弾き易いとなれば押さえて弾きなはれ
ここは確かに離した方が弾き易いとなればそうしなはれと
というようなものです

僕はこれを型と呼んでいますが
練習の型みたいなものがあるのです
左手の押さえ方というのは書いてありますが離し方は書いてないのです
私の所は押さえ方と言うよりは離し方のほうがずっと中心になっています
いつ離すのだという方を大事にしているのです

今度は押さえ方なんですけども
押さえ方が難しい所はゆっくりでいいじゃないか
移動を急がなければならない所はゆっくりでいい
そんなに難しくない所はちょっと速く弾きましょうか
そういうことです

同じ音が3つ続く所というのは弾き易いと思うので
例えば
これぐらいでは弾けるだろうと、、
ところが移動するとなると難しいので慎重に移動しました
次の3、2、0フレットぐらいは弾けるだろうということでちょっとぐらい速く弾いてみよう
0から3、7フレット行くのはちょっと遠いから、、
12フレットまで来たらまたそんなに難しくないかな、ちょっと頑張って速く弾いてみよう
次、小指が移動するのは大変やなと
大変な所はゆっくりやるわけです
セーハの形が出来たら、その中でじっとしてて動かすのは
速いこと弾けるし速く弾かないとセーハ押さえたままなのはしんどいしという時は少し速く弾いてみるのです

次、B7の形これはちょっと難儀やでというときはぼっつらぼっつら弾こかと、
よい しょ どっ こい しよ
不思議なものでこんなしんどいことをやると最初の移動が大変だったけれども
もっと大変な経験をしたのでそんなに難しくないやんとような
自分にとって都合の良い方になってくるのです
行けるやんというふうになってくる
ここも形さえ出来ればどうってことないやん
最後にまあちょっとベースが動いていく、これはえらいこっちゃとなったら
ゆっくりと終わったら
そういう作り方というのがあるんです
実際にそれを使って演奏してみたら
やってみたらわかります、全然おかしくないです

ところがこれをカウント123123決めなあかんと言われたらもう面倒くさいでしょ
そんな型に決めて弾かなければと言われるのなら趣味の世界じゃないしバカバカしいからやめたらいいのです
肩こるだけです

自由なんです
音楽はすごく自由な世界だから自由に弾いたらいいんです
その、自由に弾くと言った時に
先生、自由ってどうするんですか?というのはうちの生徒のほとんどの質問です
自由になりたかったら型をやろうかということで49の技とか
あるいは今紹介したメリハリ弾きとかそういったことをやっていくと、
こういうことでございます

いかにギターを楽しむか
そのための型であり
そのための技なのであります

ご苦労さんでした。
愛のロマンス

https://youtu.be/ZwCWAjQL3XU
2018/02/03 に公開

演奏会用に練習する時、必ず通る練習方法。
それは、自分で確かめること。
ゆっくりと弾きます。
画面から盗んでください。


クレスポ:ノルテーニャ1(新)
クレスポ:ノルテーニャ2(新)

https://youtu.be/EjxUqpZ6RK4
2018/02/04 に公開

ミスもありますが、ゆっくり弾くことで発見出来ることが増えるはずです。
弾いている本人は殆んどが無意識なので、解説は、一切なしです。
主題、第一~三変奏までです。


JPG色玉1

JPG色玉2

https://youtu.be/FNo6q2C_ETM
2018/02/04 に公開

ミスもありますが、ゆっくり弾くことで発見出来ることが増えるはずです。
弾いている本人は殆んど無意識なので、解説は、一切なしです。



JPG色玉3

JPG色玉4

↑このページのトップヘ