島崎ギターサロン動画ブログ

島崎陶人ギターサロンホームページ動画を文字化したブログ 20180217開設

カテゴリ: ベイシック

https://youtu.be/i5K03e4uj34
2010/05/08 に公開


もうひとつ準備をして弾くということにつきましても少しつっこんで解説しておこうと思います。
まず、普通のハ長調のスケールを使って、最初に弾いてみます
この右と左の動きをですね、まず皆さんで見て確認をして、それから解説をしたいと思います。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

普通に見えたと思うんですけれども
ひょっとして皆さんはこういう動きで練習してはいないでしょうか。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

これは同時進行の音楽の作り方です
ドの音を弾くときに準備してドを弾きました
その間は指は何もしていません左はこのままです
そしてレを弾くときにレの準備をしてレを弾きます
この間、指は何もしていません
ミを弾くときにミの準備をして弾きます
一見当たり前のようですが
こうではありません。

ドの音を弾くということは
これはスケールですけども次、レに決まっているんですね
だからドを弾いたあとはもうレの準備がすでに出来上がっています
この間、音はしていません
ひたすら準備のために指は弦の上に停まっています
レを弾くということは次ミに行くと決まっていますので
レを弾いた途端にミの準備をしているんです
次の音の場所で待つ
これが準備をして弾くという意味です。

もう一度見てください

右も左もレの所に行って待っています
レを弾くと
ミで待っています

絶えず次の音で待っています
では、このことをですねアストリアスという曲でちょっと確かめてみましょう
アストリアス1^^kei

スタートの音を弾きます
するとすぐに右も左も
次の伴奏の音に準備が行っています
左手は何も押さえませんので実はこの間に空中を散歩するんですけども
便宜上、今、次の音の上で指は待ち構えています
そして開放弦、伴奏のシを弾きますと
次の音の準備を親指、右手親指左手薬指がします
これを弾くと次の伴奏の音を順便をしています。

では

という動きで
少し速く弾いてみます

これが曲をゆっくりと弾くという意味です
でも
もしかしたら皆さんはゆっくり弾くというのをこういうふうに思っているのではないでしょうか

これは声に出して言いますと
おーはーよーおー
と、ゆっくり喋っているようなものです
ゆっくり喋るというのは実は
おはよう ございます と喋るのがゆっくり喋るです。

曲はおはようございますの発音の
お は よ う
というのをゆっくりと練習すること
これが音楽ではまず、最初に誰もがやる練習なんですね
やがてそれができたら
おはようという1つのフレーズをそのままテンポを落とさずに練習します

そのフレーズとフレーズの間をゆっくりあける
これが実際にはゆっくり演奏するという意味なんですね
それらは実際に準備がしっかり出来るようになったら
すぐに理解できるようになります。

それではもう1つ実際の曲を演奏しますのでその準備の状態をですね
目で一度確かめてください。

パーセルのメヌエットを演奏
パーセル:メヌエット

1時間目終了です。


基礎連右手1基礎連右手2
基礎連右手3基礎連右手4
基礎連右手5基礎連右手図

基礎連左1

基礎連左2

基礎連左3

https://youtu.be/rxg7duAUyTo
2010/05/08 に公開



それでは具体的にどうやって弾くのかということをですね
親指それから他の3本これについてですね
3種類の方法を実践でお目にかけようと思います。

親指、見えると思いますが
3つ弾き方があります
まず、ブリッジよりからサウンドホールよりにぐいっと押し込みながら弾く
こういう動きです

もうひとつはこのまま直に真下に弾きます

最後は、これは難しいかもわからないんですが
弦を押し込んで
これを上に向かって離す

もう一度やってみます
押し込むほうです
手首がぐいっとねじり込みます

このまま、今度は真下に押さえ込み、、
親指の力だけです

もうひとつは一旦押し込んだ弦をすばやく離すという方法です

同じように今度は残るima、代表でiの指でしてみようと思います
同じように今度は弦を切るような感覚で斜めの、斜め下、腕がぐいっとギターの方に入ります
これが一番代表的な弾き方
続いてできるだけ真下に押し込みます
同じ要領でいっぺん弦を押し込んでこれをハジき上げるみたいな感じですね
こういう3つの弾き方が基本的にあります
これらを自分流に工夫して自分のタッチとすればいいんじゃないかと思います。

https://youtu.be/_BtcTqh0ySg
2010/05/08 に公開



それではアストリアスの最初の部分を演奏します。
アストリアス1^^kei


https://youtu.be/2Ifdgg6kBIU
2010/05/09 に公開



では次に横振動で同じことをやってみます。

https://youtu.be/ZLGpXKchuE4
2010/05/31 に公開



それでは49の技、今回はアルペジオを中心とした7つの技を紹介いたします
技としては八番目です
その前にですね
ちょっとまた共通の事柄を、確認する事柄をお話をします
まず和音なんですが
アルペジオというのは和音をばらしたものですので
その原型である和音を同時に弾くというときに
まず見て頂きましょう
基本の和音の弾き方です

弦をしならせます
同時に弾く時は親指は爪を使わずに皮を使います
上の3本は爪に当てています

で、弦をぐっとしならせます
そして素早く離す、これだけです
このときに指で握るという作業をするのが普通かと思います
でもそれではなくて、ただ離すだけという所からスタートします
もう一度見ていてください
弦をぐーっとしならせます
そして一瞬で弦から指を離します
すると弦のしなりといいますか元に戻る力、
弓と同じような原理で音は出ます
これが基本の同時の弾き方です

続いて親指を先に弾いて後で和音の上に付いてる音を弾く
これもどうしても基本の技になりますので覚えてもらいます

まず親指で5弦を弾きます
このときに縦振動を使います
できるだけギターの中に向かって弾きます
見てお判りのように親指が今4弦にもたれかかっていますが
4弦が非常にしなっています
つまりこの段階で弦が反発しているんですね
親指の力をずーっと抜いていきまして元の弦の位置に戻ります
ここで力がゼロになっています
そしてここからそっと弦を離します
そのときに爪に当たっている弦が
と、小さな音が出ます
これが基本のその2です
見ていてください
しっかりと押さえ込みます
力が抜けてきて、と、離すときに音が出ます
このタイミングをまず覚えてもらいます
ぐーっとしならせればしならせるほど元に返る時間が長くて
音が小さくなります
これをしならせることが少ないとすぐに力が戻りますので
弦から離れるときも、やや、元気にはなれます? 何を言ってるか不明
ゼロとは言いながらも音は出ます
で、このタイミングです
このときに同時に離しましたけども
ちょっとギターを離す時にくいっと傾けてみます
すると音がばらけます
ギターをいちいち斜めにする訳にいきませんので指の回転でばらします
これが和音をばらすときの基本の形です
くれぐれも、まず順番に1本1本弾けばいいじゃないかというふうに思わないでください
これは技でもなんでもありません
ただ弾いただけですので注意してください。

↑このページのトップヘ