島崎ギターサロン動画ブログ

島崎陶人ギターサロンホームページ動画を文字化したブログ 20180217開設

カテゴリ:ベイシック > 右手親指

https://youtu.be/U8LI4wTLDwY
2018/02/28 に公開


愛のロマンスの3回目のレッスンビデオです
1回目と2回目は実践的、一般的に許容される範囲だと思います
何を言ってるのかという人もいると思います

今日のお話は抵抗のあることです
頭で考えると何故そうするのか、必要のないこと、反論がいっぱいある
頭で考える人は全てそうです
実践をして数を重ねていきますとある日自分の中から音楽が湧き上がってくるのです
早い方だと一年ぐらい、遅い方でも2年3年すれば湧いてきます
湧いてくるというのが今は無いです
誰かの真似をしてるとかこれでいいのですかという自分の外に対して確証、確認を求めている
自分はこう感じる、はっきりとそのことを言えるためには確固たるもの
自分の中から音楽が湧き出ないとそういうことは言えないです
そういうことを経験するために今からやることを是非実行してください
そうすれば必ず湧いてきます
私のギター人生50年の、1つ何かをとなればこれを言いますという内容です

親指が一足早く準備をする、これだけのことです
この曲は非常にやりやすいです
ベースから始めます、親指を6弦に持って行きます
このとき上のimaはまだ行かなくてもいいです

親指を弾きます、上を持って行って・・
次3弦を今から弾きます
3弦を弾くといち早く親指が6弦に飛んで行くんです
3弦の音は小さいけども親指の速度はパッと飛んで行きます
ここでストップをかけます
この状態でストップをかけてまたここから弾き始めます・・

3弦を弾くとパッと飛んで行ってストップをかけます
やってみます

親指が6弦に行って待っている状態を作ります
どんなに次が簡単でもここで留めます・・

今度は5弦にパッと持って行きます・・
5弦にパッと持って行って留めます・・

そして6弦に持って行って留まってます
左手はB7、セーハをします・・

3弦を弾くとパッと6弦に親指を持って行きます・・
パッと6弦に持って行きます
左はまだ前の形です
そして離すと・・
3弦を弾くとパッと6弦に持って行きます・・

5弦にパッと持って行きます・・
また5弦にパッと持って行って留めます・・

4弦に持って行ってパッと留めます・・

3弦を弾くと5弦に・・
6弦に・・
そして6弦から・・

こういう練習なんですが練習方法を聞いて「あ、変だ」だけは言わないでください
練習方法というのは結果ではないです
練習をやっていくことである結果が出ます
結果に向かって一直線に進む人、これが正しいと思ってる方非常に多いのですがそんな道は世の中に存在しません
真っ直ぐの道は世の中にない、必ずまわって行くのです、それが自然界
人間の真っ直ぐ作った道を真っ直ぐ歩くのは人間の頭が喜んでいるだけで自然界にそんな道はありません
ぐうーっと回りながら目的地の方にやって行く
音楽もそうです
そういう方法があるんです、これがその方法です

では続けて弾いてみます
続けてというのは 休憩しながら、ごちゃごちゃ言わないで弾いて行きます
この練習を是非続けてください

親指をサッと持って行く サッと持って行く
もうあの、親指サッと持って行くの寝言で言えるぐらいになったら大丈夫です、やってみます

皆さんの幸運をお祈りいたします。


ラブロマンス音玉楽譜 (1)
ラブロマンス音玉楽譜 (2)


https://youtu.be/2SR9HTZviUk
2018/06/22 に公開
第一関節を動かして弾く!
これは親指が反ってないと弾けない!
と思い込んでいました。それで、今までは言わなかったと思います。
しかし、大内さんに試したところ、出来ました!
それで、指の動きだけ撮りました。


https://youtu.be/rVUy15_zgr4
2018/06/27 に公開
教えてから10分後です。なんでもかんでも、盗人奏法を使います。

ギターの基礎 土台 片足立ち
https://youtu.be/pFt8BN4-kCE
2018/07/05 に公開




この前ちょっと掲示板に書いたんですがギターの基礎、ギター奏法の基礎というのとそれから土台
音楽をやる、何かをする以前の土台、体のあり方を2018年6月ずっと考えてまして答えは出てないのですが
現時点では自分達の体をもっと知らなければならないという気になっています
医学的に知るというのではなく自分の体感
どうやれば体は力が出るのだろうとかこういうことをすれば体の感じが変わるということを僕達は知らなさ過ぎたと思うのです、私だけかもしれませんが

1つの体の土台、片足立ちだとふと思いました
足ブラブラは前回録画しました、今も足ブラをしながら話をしています
最近何かといえば片足立ちをしています
歯を磨いたり炊事の時にこうやっています
信号待ちの時も片足上げています
片足で立つということ、子供のころ流行った遊びに大きなS字を描いてある1点があいていて、敵陣と自陣、あいている所から外に出るとケンケンで歩く
敵と会った時に相手を倒す、両足が着いたら負け、自陣に戻ったら両足をおろしていい
こういう遊びは体のバランスが養われたと思います

4:20
自分の過去を振り返った時、中学で陸上部に入りスタートの構えをした時に親指にかかる、ギターを始めた頃でこれはギターに面白そうだと直感しました
両手均等に体重をかけるのですが私は右にかけて親指がこうなってこの形を獲得しました
その後ギターの世界に入ってセゴビアテクニックという本がありまして右手の絵があるのです
それを自分でやった時に人差し指の第1第2関節の間、親指の第1関節が引っ付いた形に私は見えました
実際に絵を見ますとそうではないです、ちょっとずれています
6:30
親指のこの動きはきっと使うだろうと予感がありました
この動きで実際にギターを弾いてみますと、親指と人差し指が絶えず引っ付いています
5弦を弾きます、ここの動きだけなのですが結構破壊的な音がしています
腕を使うとこんな音です
音として聴いた時は後の方が圧倒的に綺麗です、こちらは汚い
これを曲の中で使うとアストリアスの始めなのですが
7:44
2回これで弾いて3回目これで弾いてみます、フォルテピアノの感覚がよくわかると思います
旋律の最後の音をこうするとピアニシモになります
その音だけ伸ばしていると聴こえる人がいます、伸ばして弾くとこうなります、全然違います
反動で腕を動かすとツバメ返しになります
Pとimaどちらも同じなのですが意識が第1関節に行っています

9:54
よく間違うのはアポヤンドの時にこうする人が多い
第1関節をしっかりとして弾く
ギターを弾く時の土台は第1関節がしっかりしていることが非常に大事
そうすると腕、肘、手の形ということに発展して最終的に片足立ちという所に行けば面白いというのが今の状態です
これが本当にそこへ行くのかまた違う舞踊の方に行くのか武道家に行くのかわからないですけども
ギター右手の土台は第1関節ではないか、そしてそれを使って音楽の基礎、奏法の基礎があるというのはまたこういうのがあるのではないかという途中経過です
このあとアグアドの練習曲をもう1度弾いてみます、その映像で第1関節がどう動いているか本当にそう使っているのか好奇の目で見て頂ければ面白いと思います。

クラシックギター アグアドの練習曲で親指の動きを会得する②
https://youtu.be/sUMVbui9XDs
2018/07/05 に公開



0:00 アグアドのエチュード演奏5
0:30 アグアドのエチュード演奏6
1:08 アグアドのエチュード演奏7
1:37 アグアドのエチュード演奏8
2:25 アグアドのエチュード演奏9

クラシックギター アグアドの練習曲で親指の動きを会得する①
https://youtu.be/F2Db1MIjQGY
2018/07/06 に公開



0:00 アグアドのエチュード演奏1
0:19 アグアドのエチュード演奏2
1:17 アグアドのエチュード演奏3
2:14 アグアドのエチュード演奏4


↑このページのトップヘ