島崎ギターサロン動画ブログ

島崎陶人ギターサロンホームページ動画を文字化したブログ 20180217開設

カテゴリ:レッスン録画 > de ビゼー・エントラーダ

https://youtu.be/RzD8ZIlWBbg
2017/04/21 に公開




それではロベルト・ド・ヴィゼーのエントラーダという曲、これを最後に鑑賞してください
速度はかなりゆっくり弾きます
何度も言いますが親指の準備の状態を目で確認してください

・・
ビゼー:ニ短調組曲:エントラーダ



2:00 https://youtu.be/RzD8ZIlWBbg?t=2m0s
今回は親指の準備についてかなり詳しくお話しました
準備をするというのは親指に限ったことではなくて他の3本の指にも同じことが言えます
これに関しましては次回、解説したいと思います
この他の指と親指というのをいっぺんにやりますとたぶん頭がパニックで何も弾けなくなります
だから分けた方が良いと私は考えています

次回、ポンセのプレリュードを使ってこんな準備をしましたという話をいたします
2:46 https://youtu.be/RzD8ZIlWBbg?t=2m46s
・・

これはゆっくり弾くということなのですが全て準備が完璧に整うまで弾かない、
そして準備が出来て演奏したら、次の音の準備をして留まる、そういう練習です

これを音を切る、という表現をします
すると音を切るという言葉だけ聴きますと切るだけで終わってる方がいるのですがそうではありません
切って次の音の準備をするまで、が1セットになっています

来月録画する予定です、お楽しみに。


クラシックギター曲の練習方法 (エントラーダ/ヴィゼー)
https://youtu.be/NHHwub-O0QI
2016/02/06 に公開




具体的に曲を練習しましょうということで楽譜から音をとりました
音をとった次にやることです
音をとる所まではレッスンできませんので一応音とりました、次、練習しようというときにちゃんとこういう練習してますかということです

曲はロベルト・ド・ヴィゼーのエントラーダです

・・

2:47
少しだけ解説しておきます
最初のコードなのですが大変難しい形です、映像から判った方もいると思うのですが
順番に弾いていって・・まだ小指は準備していません
ラ、1弦の5フレットに用意するんですがここまで届くかたはいいのですが
なかなか指の長さが足りないのが普通です、そんなとき、この辺に用意します
で、今まさにこの音を弾こうとするときに前の音を離して小指をすべらせて弾きます
・・こんな感じです
そのために音をずらしています・・練習すればそんな形になります

自分がどんな動きをしているかスローモーションで出来るように練習する
それが音をとった次にやることです

それと見ててあと2つ程お判りになったと思いますが
同じ音を弾くとき、ちゃんと左手を押さえ直します
よくやるのが一緒なのでこのまま・・弾いちゃうのですがほとんどやけくそにしか聴こえません
1個ずつちゃんと押さえて離します
次の形がしっかり右手も左手も出来た所で弾きます・・
で、次の形に行って待っている・・
行って待ってます、右も左も・・

4:45
最後に一番注目してほしいのは消音です
無駄なベースの音を親指で消音しながら弾くということですね
だから・・次に旋律が出て来ますのでこのまま・・ですとワンワンいうてるのです、こういうのは決していけません・・
弾く前に親指を少し弦に当てます、これだけで・・消えますので、それから弾き始めます・・
そんな感じです

あとは皆さんが見てなるほどと思えば、、これをいくら見ても上手になりません、そういうビデオではありません
あくまでも参考資料にしてください
自分が練習して弾くときに、あれ?ここなんだろうと思ったときもう一度観てください
きっと答えが先程の映像の中にあると思います

こうやってこれから少しずつこんな曲を弾きましょう、あんな曲を弾きましょうというビデオを提供していきたいと思います。

ビゼー:ニ短調組曲:エントラーダ

↑このページのトップヘ