https://youtu.be/xDeBumf4IQI
2014/12/22 に公開





マラッツ演奏・・

2:34
ものすごくバランスいいね
この感じになっちゃって

もっと鳴ってましたが場所が違うと


3:42 Start

4:54
なかなか渋い曲を弾いてらっしゃいますね
渋いでしょ

これは難しいんです


6:13
間奏曲にはいくつか秘密があるのですがひとつ・・
そのタイミングは大きな問題を抱えています・・

あの・・と、・・というのは全く別のものなのです、続けてはいけないので、そこの間を・・ってやるとまずいです・・

・・で・・やめて、楽器でいうとバイオリンからコントラバスに変えるぐらいなのです・・上はフルートがポーン・・
伸ばしたらダメ・・
それがね・・全部強いんです・・
・・じゃなくて・・ラだけなんです・・

という表現なのです
この曲はその表現が全体を、特に後半・・という表現

確かにその通りですね・・
・・やっちゃったら・・次も・・次も・・

8:24
もうしない・・ここはしない方が・・というのは別の所に残して・・

アクセントというのは意外なほどベースだけ・・上には付けない・・上はすごい柔らかいです・・
鳴った瞬間に切ってしまいます・・
全部がしーんとなるまで待つように・・

最初の所・・その表現変えるように・・
悪い息子がおかん!と入ってくるのに対して、お母さんはものすごく、どうしたの?と柔らかな口調が変わっちゃうのです
次に・・金くれとベースの・・なんだけど・・上はどこ吹く風なんです・・

最後にどうしてもやってしまうのです・・クセなんです

・・もっと優しいんです・・間があって優しい・・10:29
優しいです・・
同じように・・という表現なんです、これが聴いてたら判るけど弾くと・・
そうですね

・・怒ってしまう、そうじゃなくて・・そうだね・・
・・すると段々・・
・・最後は・・劇的消音で強く弾いてるけど弱く聴こえます・・これだけ技使ったらもう使わない・・何もやらなくていいです
僕の楽譜の書き方がそういうふうに最後になったらやらなくていい所だけ単独でこう、書いてないかな、書いてますね

間の取り方にしてもフォルテピアノにしても、ついやっちゃう
人の話を聞いてるときに賛同してるのについ怒ってるというのが・・と弾いてしまう
どうしても・・ピアニシモになります
これも一緒です・・超ピアニシモ・・
それはもうその日に鳴らなかったら終わりなので・・共鳴が鳴ってくれれば・・

これが共鳴の出る楽器がほとんどないですね
ラミレスでやってると他があまりに出ないのでびっくりします

ユーチューブ見たときに初めて知りました
そうですか、シラミの法則

鳴らしだすと鳴ってくれる、鳴らさないと・・
1回のレッスンでそれだけになることがあります
最初出ないけど終わる頃にはみんな出すようになる、30分あれば充分出るので・・

あのときにクイが出来るようになったらものすごい早いです
小さく弾いてクイとして離してごらんと言うとみんな出来る・・

そういうことだな・・
なるほど、もう1回練習しよう

間奏曲はかなり難しいです、ここの間が難しいです
準備して2呼吸してから弾いて丁度いい・・

14:45
・・準備して・・で、充分間に合います・・いつもの間の倍あるから・・そこだけもっと離しても良かったかなと、楽譜書くときに・・

そんなんでいいと思います、充分説得力あります
がんばり所をあそことあそことあそこって決めておけば、その音は充分出るから、それ持ってない人は出来ないです
結局は技が要る
そういうことなんです

ブワンという音は弾き方で普通出ないですよこれ・・
僕は聴いたことないです、外では、ビヨーンしか聴いたことない
消音も出来なければいけないし
押し込まなければいけないし

やっぱり押し込む、消音、1セットですから
押し込むだけではダメ、消音も出来ないと、そうするとあれだけの技が必要になってくる

消音
ブワン
ゴイ

連続技

絶対、消音が出来ないと音楽が作れないのは事実
事実ですね

これは事実ですよ、はっきり言えることはギターは弾いたら弾きっぱなしできるけど
バイオリンも声楽も吹楽もやめたら止まりますから
そうですね
やめて止まらないのはギターと
ピアノはペダル使わなければ止まる
ギターは止まらないから止めなければいけない
音を止めたから。