島崎ギターサロン動画集

島崎陶人ギターサロンホームページコンテンツから転写しております。20180217開設

カテゴリ:揺らぎサウンド > コスト・エテュード

https://youtu.be/IaIFmIBL3hM
2013/05/12 に公開




コストの練習曲を3つ弾きます
揺らぎサウンドを使うようになってからこの曲に勝手に名前を付けました

最初の曲は『兄と妹』です
2曲目は『片思い』です
3曲目は『孫と』という・・そういう名前を付けてみました


では、『兄と妹』です
コスト:練習曲@


次は、『片思い』です
コスト:練習曲@@


最後は、『孫と』です
コスト:練習曲^^

https://youtu.be/BvCLYGT5DGo
2013/05/09 に公開




こんにちは、島崎陶人です
今日は2013年4月28日、偶然ですけど私の64回目の誕生日です
64才です

ギターの世界に入って40年以上経つのですけど
その間セゴヴィアサウンドに憧れてあの音を出したいという願いでずっとギターを弾いてきました
60才のときに諦めて自分の音、自分の進むべき道にある音、
そこからしかスタートできないという覚悟を決めまして今に至っております

去年3本のDVDを出しました
その前に49の技というのをアップいたしました
いずれもそれを全部アップして公開した瞬間に自分の中では言葉は悪いですがどうでもよくなりました

2012年12月12日に全く新しい弾き方がインスピレイションで浮かびました
それはギターを初めて弾く人がする弾き方なんです

初めて弾く人がどうするかご存知でしょうか
うちに来てる小学校2年生の子がいまして
その子が最初にした弾き方が弦を引っ張って弾くんです
これは皆さん経験があると思います
この音はパッと聴いて乱暴なんです
ところがよく聴くと
なぜ乱暴に聴こえるか、弦をはじいた瞬間にフレットに当たって雑音がします、パチン
それで嫌だなと

このバチンという音をカットして次に鳴ってる音だけを聴くとすごい良い音が鳴っています
そのことに2012年12月12日、気が付きまして
そのバチンを取った音がこうです

ちょっと見ててください
引っ張ってこうするとバチン
これぐらいだとバチンいわないです
言うか言わないかの瀬戸際をコントロールできるようになりました

今までの弾き方は縦振動、押し込むタッチです
私のDVD2巻を観た人は急がば止まれと言ってぐっと押し込んで止まってから出した音

そう言って舌の根も乾かぬうちに引っ張れと言うのですからいい加減な話ですけど
引っ張って弾くと物理的に言えば同じようなもの
こうやって離そうがこうやって離そうが
頭で考えると一緒なんですが出た音は全く違います

こうやって弾くと低音域の音がたくさん入ってますから落ち着いた音です
こうやって弾くと低音域の音がなくなって高音域の音が中心になります
生で聴くと金属音がします

ちょっと弾き分けますので聴き比べてください
コストのイ長調練習曲冒頭4音
コスト:練習曲^^

まず縦振動、従来の弾き方です
https://youtu.be/BvCLYGT5DGo?t=4m26s

今度は新しい弾き方、揺らぎサウンドです
https://youtu.be/BvCLYGT5DGo?t=4m36s


生で聴くと全く違う音なんですけど録音でどう入るかわからないです
こちらの方は誰でも出来ます
押し込む方はなかなか出来ない
パチンと上に跳ねあげるのは誰でも出来ます、なぜなら初心者が出来るからです
この音に関しては私の教室で色々実験しているのですが皆さんすぐ出来ます
これをご覧になってる方も是非お試しください

この音を使ってショパンのプレリュード7番それからアグアドの練習曲を
従来の弾き方と新しい弾き方2つで楽しんでもらいます
それを聴いてへえーっと思ってもらえばいいかなと思います。

5:46 ショパン前奏曲7番
https://youtu.be/BvCLYGT5DGo?t=5m46s
ショパン7 SBSH00261

6:49 ショパン前奏曲7番
https://youtu.be/BvCLYGT5DGo?t=6m49s
ショパン7 SBSH00261

7:54 アグアド練習曲7番
https://youtu.be/BvCLYGT5DGo?t=7m54s
アグアド:練習曲7-8

8:30 アグアド練習曲7番
https://youtu.be/BvCLYGT5DGo?t=8m30s
アグアド:練習曲7-8

↑このページのトップヘ