https://youtu.be/ckRiy-SrZG0
2018/02/28 に公開



ヘンデルのサラバンデ
これの練習をもう一度録画しておこうと思います
注意すべきは右手の親指の移動の仕方です
始めにお見せいたします、ゆっくり演奏します
弾いた瞬間に親指が6弦に飛んで行きます

これで一旦終了です
次に高音弦ソとミを準備して、見易いように親指を使います
弾いたら瞬間的に親指は5弦に飛んで行きます
そして左が次のコードAに行って
同じ音をもう1回弾きます、その弾いた直後に親指がまた5弦に飛んで行きます
そして音ひらいます

次の音を弾いた直後に親指が6弦に返ります
それから左手が移動して形を作ります

次の音も弾くとすぐ親指は4弦に飛んで行きます
これをすぐに飛んで行くのではなくゆくっりぼつぼつ行く、ではないです

弾いたら飛んで行くのです、これで完了です
続いて弾くと飛んで行きます

今度は完了しません、またすぐ5弦に

だから音がポンと留まるんですね
これは全て同じです、変奏全く同じです、例外ありません

弾いた後すぐに返るというのがポイントです
これをゆっくり返り・・ゆっくり行きましょう・・ ではありません

これは練習として0点じゃないですけど20、30点しかあげられません
すぐに飛んで行く、ひゅっ
これがこの曲の動きです

サラバンドだからのんびりとしてるのではないですか・・そうではないです

瞬間的な動きは パッ パッ と変わる
それは何故ですかと訊かれると困りますがそういうものなのです

そういうものと是非、覚えて下さい。
sarabande_hendel_b