https://youtu.be/eHELt7BI23w
2010/05/29 に公開



49の技、2番目は不滅の三度
これも私が命名したんですけども3度進行するときにですね
上の部分を非常にきらびやかな音で
そして下の音をソフトな柔らかい音で弾こうという
そういう技でございます。
こんな感じで使います

ノルテーニャのクレスポ冒頭を演奏
クレスポ:ノルテーニャ1(新)クレスポ:ノルテーニャ2(新)

これを上の部分だけ取り出しますと非常にきつい音で
下の音は優しい音がします
この2つの音が同時に進行します

これは応用が非常に広くて
3度進行があったら全部これにしたらいいんじゃないかと思うぐらい響きが綺麗です

それじゃ普通はどうするかというと
どちらも同じ種類の音
仮にやわらかい音ですと

これはどちらもソフトな音
どちらもきつくなりますと喧嘩みたいになりますけどもね
怒ってるみたいに聴こえます
私はあまりこれは使っておりません

楽器といいますかオーケストラでいいましたら
上を金管楽器、下を木管楽器で弾く、みたいな感じですね
そういうイメージで演奏しております。
不滅の三度でございました。