https://youtu.be/F6yO2kC8M1o
2010/06/28 に公開



それでは49の技、22番目はワルツ型です
ワルツは123、三拍子
これには具体的な練習方法がありますので経験してください
右手を注目して下さい
ベースがあって、ぶんちゃっちゃと言われますからその形がワルツなのですが
親指でベースを弾きます
サウンドホールあたりで結構です
弾くとすぐにブリッジ寄りに移動します
ここで鋭い音を出してすぐに柔らかいほうに返って来て準備をします
最後はそっと弾きます
これが右手の弾き方の基本です、もう1度やってみます
ワン ツー  スリー と弾きます
それに左手が入ります
CとG7の2コードで試します
左も同じような動きをするので注目して下さい
ベースを弾くとすぐに次の音に行きます
そして
リラックスします
次はG7に行くので親指が6弦に行きます

これを練習することで

というのが基本に形になります
このときにベースの音を切ったのですが是非この切った形で覚えて下さい
楽譜で付点の音符になっているから弾いた音を残さなければいけないと思ってる方ずいぶん多いようですがそれは錯覚です
そう書くのです、そう書いて弾き手の方に任せています
料理でいいますと一人前の料理だからといって全部食べなければ叱られるかというとそうではなくて
好きなだけ食べて食べ切れなければ残せばいいわけです
ただ、出すときに小食の人だからとちょっとだけの盛り付けにしたらそれはおかしいわけで
同じで書き方は付点でも演奏はこういう演奏になります、基本です

もう1つ大事なワルツの弾き方があります
123とリズムがある、カウントする
正確に123ではなくて2拍目が3拍目へ寄ったり1拍目に近寄ったりします
2拍目は浮気性、あっち行ったりこっち行ったりします
3拍目に近くなるとワン  トゥスリィ
1拍目に近くなるとワントゥ スリィ
変化します

アグアドのワルツ練習曲を弾きますので耳で確かめて下さい

これは23が仲良くなった形

次は12が仲良くなります

23が仲良くなりました

これも23が仲良くなりました

次に12がすごく仲良くなります

こういう曲を練習するときに
・・ていうのは練習しない方が身のためです、感激もないしやるだけ無駄なのでやめて
右手の動きを覚えリズムを体で感じて小さな作品でもワルツ、ウキウキするようなリズムが出て来る練習方法を採って頂きたいと思います。

アグアド:練習曲@@@^^